成語を使えない者は中国語達人に非ず……中国語の華「成語」をマスターしましょう。
ご訪問ありがとうございます!
スポンサード リンク
 PR  
2008年3月 5日
スポンサード リンク

中国語成語歇後語:

庖丁解牛

発音:

páodīng jiě niú

日本語訳:

料理人が牛を捌く

ときことばヒント:

牛を捌くのを生業としている料理人ですから、牛捌きは余裕綽々です。

ときことば:

游刃有余

発音:

yóurènyǒuyú

日本語訳:

余裕綽々

成語詳細:

庖丁解牛  游刃有余

解説と補足:

戦国時代の魏国文惠君の前で牛を見事に捌いた料理人の故事(出自:《庄子·養生主》)を読んだ歇後語です。

"庖丁"は「料理人」の意ですが、当人の名前が「庖丁」だったという説もあります。

用例:

他可是我单位的电脑高手,玩起电脑来庖丁解牛---游刃有余

tā kěshì wǒ dānwèi de diànnǎo gāoshǒu, wán qǐ diànnǎo lái páodīng jiě niú --- yóurèn yǒu yú.

和訳:彼は私の職場のコンピュータの達人、コンピュータを弄らせたら「料理人が牛を捌く---余裕綽々」です。

用例(中上級者向け):

喜欢玩刀的专家:读秦国伟先生的《小变大,弱变强》有感

引用:中国管理传播网

(前略)
  通读全书我们能看到作者朴实而不晦涩的语言,简练而又一语中的,真的像一把刀一样,有对万事万物庖丁解牛游刃有余的畅快感觉。同时他也喜欢用刀之类的兵器做为标题,也基于此我把秦老师称之为喜欢玩刀的专家。

(後略 »» 全文参照

Category:

« 杯水车薪 | 中国語成語ことわざの達人 | 画蛇添足 »

PR
中国語レポート
メールマガジン
RSS
  • rss
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • はてなRSSに追加
  • Subscribe with livedoor Reader
ナビゲーション